中国輸出・輸入通関時に日本産の茶葉や抹茶を通関させるお手伝いをします。

医薬部外品を台湾に輸出


医薬部外品を国外へ輸出し、輸入するにあたっては、相手国の医薬部外品製造販売業者が医薬部外品の製造販売届出を提出し、その届出を行った医薬部外品のみが税関を通過し、医薬部外品製造業者の倉庫へと到着します。

つまり、日本から輸出する分には「医薬部外品の基礎知識」で紹介したように、容器や箱、製品表示等を変更しない限りは特別な手続きなく行えます。法人のみならず、個人で輸出が可能です。ただ、国外へ輸出する際には販売業者の側が問題となります。

台湾の場合、どの企業でも貿易が認められている訳ではなく、ライセンス制となります。日本からの輸出通関は良くても、ライセンス等の問題で輸入通関が果たせず、輸出計画が失敗してしまうという例は少なくありません。

日本から台湾へと医薬部外品を輸出する場合、輸入者である販売事業者がきちんとライセンスを持っているかを確認し、輸出計画を進めていくことが重要です。

化粧品を台湾に輸出


化粧品を台湾などの国外へ輸出し、輸入するにあたっては、相手国の化粧品製造販売業者が化粧品の製造販売届出を提出し、その届出を行った化粧品のみが税関を通過し、化粧品製造業者の倉庫へと到着します。

つまり、日本から輸出する分には「化粧品の基礎知識」で紹介したように、容器や箱、製品表示等を変更しない限りは特別な手続きなく行えます。法人のみならず、個人で輸出が可能です。ただ、国外へ輸出する際には販売業者の側が問題となります。

台湾の場合、どの企業でも貿易が認められている訳ではなく、ライセンス制となります。日本からの輸出通関は良くても、ライセンス等の問題で輸入通関が果たせず、輸出計画が失敗してしまうという例は少なくありません。

日本から台湾へと化粧品を輸出する場合、輸入者である販売事業者がきちんとライセンスを持っているかを確認し、輸出計画を進めていくことが重要です。

生理処理用品を台湾に輸出


日本国内で製造した生理用品(医薬部外品)を台湾へ輸出する場合、「生理用品の基礎知識」の通りに、販売・流通形態に応じて三通りの処置が必要となります。また、日本で輸入通関を果たした後は、台湾側で生理用品を輸入通関させる必要があります。

台湾で医薬部外品を輸入する際には、「化粧品衛生管理条例」に規定された手順を踏み、台湾側の業者が販売・流通させるための書類を用意し、台湾内で申請を行う必要があります。

よって、台湾に生理用品(医薬部外品)を輸出する際には、台湾側の販売業者が過去に申請を許可されたことがあるのか、医薬部外品を販売した経験があるのか等を調査することが重要です。

石鹸・シャンプーを台湾に輸出


日本国内で製造した石鹸やシャンプー(医薬部外品)を輸出する際には、「生理用品の基礎知識」で説明したように流通形態に応じて、三通りの処置が必要となります。そして、その製品の輸出通関を行った後は、韓国側で輸入通関を果たす必要があります。

台湾に石鹸やシャンプーを輸入する場合、食品医薬品安全処に製造販売号の登録を行う必要があります。つまり、日本からの輸出通関が上手くいったとしても、受け入れ販売側である台湾の企業が登録されていなければ、輸入通関を行うことが出来ません。

薬用せっけんの他にも、シャンプーや薬用石鹸には、薬事法上の規制が強くかかります。 台湾に石鹸やシャンプーを輸出する場合には、現地の受け入れ業者が登録を受けたことがあるのか、過去に石鹸やシャンプーを取り扱ったことがあるのか等を調査した上で、輸出計画を進めていく必要があります。 また、医薬部外品ではなく、薬用石鹸に登録されている石鹸を輸出する際には、台湾側の「薬事法」に当たる「百薬庁薬師省」から販売製造登録の許可を得た上で、輸入通関を果たす必要があります。

その他の医薬部外品等を台湾に輸出


その他の医薬部外品等を台湾に輸出する際にも、輸出のプロセスは医薬部外品と変わりはありません。 その医薬部外品が国内で流通しているか、ラベルや意匠を変更しているか、国内流通用ではなく国外流通用として作成されているか等で方法論は異なります。

詳細に関しては、「医薬部外品の基礎知識輸出知識」の項目を参照下さい。

抹茶や茶葉などの中国輸出、輸入通関でお困りなら八進トランスまでご連絡下さい。

All Right Reserved 八進