中国輸出・輸入通関時に日本産の茶葉や抹茶を通関させるお手伝いをします。

機械部品を中国から輸入


機械部品(自動車部品、精密機械部品、電子部品)の輸入は、例えば自動車部品を個人で輸入する等のケースもあり、法的な規制が強い訳でもありません。ただ、海外から輸入される製品には関税が掛かり、部品の種類によっては、日本国内のメーカーを守るために、関税率が高く設定されているものもあります。

機械部品を日本に輸入する際には、特に法的な規制はありませんが、関税率について先ずは調査することをお勧めします。

機械製品を中国から輸入


日本に工作機械や産業機械などを輸入する場合には、相手国の輸出通関でリスト規制やキャッチオール規制が問題となります。この準備は相手国の業者(輸出者)の仕事となり、輸入者は輸入通関業務のみを行えば良く、特別な手続きは必要ありません。

しかし、電気製品は「電波法」や「電気用品安全法」、「消費生活用製品安全法」等の適用を受ける場合があります。輸入された電気製品が法律の適用を受けるものであるか、流通等の過程で法律に基づく認証が必要とされているか等を、予め確認することが必要となります。

中古車を中国から輸入


海外で流通していた中古車などを日本に輸入する際、日本の受け入れ側には大きな規制はありません。 インボイス、パッキングリスト、船荷証券(B/L)、貨物到着案内と海外の車両登録証があれば輸入通関を行うことが出来ます。また、中古車の関税はFREEとなっているので、消費税のみの納付となります。

輸入通関が終了した後は、税関により自動車通関証明書の交付を受けます。この自動車通関証明書は、運輸支局等での国内新規登録の際に必要となります。

よって、海外で流通していた中古車を日本に輸入すること自体に問題はありませんが、中古車を公道で走らせるための諸手続きが国内で必要となります。

中古機械を中国から輸入


日本から機械製品を輸出する際には、リスト規制やキャッチオール規制がありました。では、外国からその他の機械製品(家電など)を輸入する際はどうでしょうか。

日本に中古機械を輸入する場合には、相手国の輸出通関でリスト規制やキャッチオール規制が問題となります。この準備は相手国の業者(輸出者)の仕事となり、輸入者は輸入通関業務のみを行えば良く、特別な手続きは必要ありません。

しかし、電気製品は「電波法」や「電気用品安全法」、「消費生活用製品安全法」等の適用を受ける場合があります。輸入された電気製品が法律の適用を受けるものであるか、流通等の過程で法律に基づく認証が必要とされているか等を、予め確認することが必要となります。

その他の機械(家電など)を中国から輸入


日本に家電などのその他の機械製品を輸入する場合には、相手国の輸出通関でリスト規制やキャッチオール規制が問題となります。この準備は相手国の業者(輸出者)の仕事となり、輸入者は輸入通関業務のみを行えば良く、特別な手続きは必要ありません。

しかし、電気製品は「電波法」や「電気用品安全法」、「消費生活用製品安全法」等の適用を受ける場合があります。輸入された電気製品が法律の適用を受けるものであるか、流通等の過程で法律に基づく認証が必要とされているか等を、予め確認することが必要となります。

抹茶や茶葉などの中国輸出、輸入通関でお困りなら八進トランスまでご連絡下さい。

All Right Reserved 八進