茶葉や抹茶を中国や韓国へ輸出・輸入通関させる際の通関案内の

通関とは

茶葉や抹茶を中国等に輸出する際に必要となる、「輸出通関」と「輸入通関」について説明します。

通関には、大別して「輸出通関」「輸入通関」の二つがあります。

「輸出通関」は、輸出者が国内の貨物(商品)を外国に送り出すために、税関長の輸出許可を受ける一連の手続きを指します。具体的には商品を国内の「保税地域(※1)」 に搬送して税関長に輸出申告を行い、場合によっては「税関検査(※2)」を受け、船積するまでの行為がそれに該当します。

対して「輸入通関」は、輸入者が所属国の税関に輸入申告を行い、輸入許可を受けるまでの一連の手続きを指します。具体的には船卸しして、「保税地域」に運ばれた商品の輸入申告を税関長に行い、 許可を受けて商品を運び出すまての一連の行為がそれに該当します。

通関は上記のように、「輸出通関」と「輸入通関」の二つからなっています。そして放射能輸入規制が行われている国では、相手国の「輸入通関」で問題となるケースが多くあります。

放射能輸入規制が行われている国への輸出では、輸入者である現地企業と連携し、税関攻略のための意思疎通を図ることが重要となってきます。


通関時に必要となる書類

 
放射能輸入規制が行われた中国などでは、各種証明書が税関で求められます。

通関には、主として「輸出通関」と「輸入通関」の二つがあると説明しましたが、「輸出申告」と「輸入申告」の双方で必要となる書類(船積み書類)は、基本的には共通しています。

〇仕入書(インボイス※3)
〇包装明細書(パッキングリスト※4)
〇他法令の許可書・証明書等
〇運賃明細書、保険料明細書(輸入通関時に必要)


「他法令の許可書・証明書等」内の項目として、放射能輸入規制が行われている国では「産地証明書(※5)」「放射性物質検査証明書(※6)」が求められる場合があります。

尚、相手国で放射能輸入規制が行われている場合、「輸出通関」時に「産地証明書」や「放射性物質検査証明書」を日本の税関に提出する必要はありません。 輸入規制を実施しているのはあくまでも相手国となるため、相手国の「保税地域」に商品を搬送した後の、輸入通関の申告時にそれらの証明書は必要となります。

また、「放射性物質検査証明書」に関しては、日本と中国との間で書式に関する合意が得られていない為、原則として日本国は「放射性物質検査証明」を発行しておらず、 その代わりにWTO加盟国で効力を発揮する国際規格に基づいた報告書を提出する必要があります。詳細に関しては、「中国」の輸出案内ページを参照下さい。

その他にも、輸出申告や輸入申告には使いませんが、「船荷証券(Bill of Lading:B/L)」と呼ばれる書類があります。これは船会社が貨物を受け取ったときに発行され、 下記の効力を持つ輸出時における最も重要な書類となります。

〇貨物受け取り証 ― 船会社が貨物を受け取ったことを証明する
〇運送契約書   ― 船会社との運送契約を示す
〇有価証券    ― この書類により所有権が転移する
〇貨物取引証   ― 相手国の荷揚港で貨物を受け取る時に必要となる


輸出者から輸入者へ「船荷証券」を渡すことは、貨物の所有権を転移させることを意味します。そういった意味からも、「船荷証券」は「有価証券(代表例:株式や小切手)」でもあり、取扱いには注意が必要です。


通関の流れ

 
茶葉や抹茶、野菜や果物を中国に輸出する手順について

通関の流れを「輸出通関」と「輸入通関」のそれぞれに分けて説明します。あくまで大まかな流れとなりますが、シュミレーションとしてご利用下さい。

《輸出通関の流れ》

①輸出者が輸入者と契約を結び、輸出計画(商品到着日などを含め)を策定する。
②インボイス、パッキングリスト、「船積み依頼書(※7)」の作成、その他必要となる証明書の取得を輸出者が行い、輸入者と情報共有を行う。
③輸出者が「フォワダー(※8)」に依頼し、フォワダーが輸出計画に基づいて「商品(貨物)」を国内の保税地域に搬入する。
④インボイス、パッキングリスト、船積み依頼書を元に、フォワダーが貨物の数量や状態を確認して「輸出申告書」を作成し、国内税関に輸出申告を行う。
⑤税関から貨物の現物検査を要請されたら、フォワダーが依頼者に伝え、代理人として検査に立ち会う。
⑥輸出許可が下りた後に「船積み手続き」を行い、船会社の指示に従い、フォワダーが船や飛行機に貨物を搬入する。
⑦船積みが完了した後、船会社から「船荷証券(B/L)」が発行される。
⑧輸出者が「船荷証券」を確認し、輸入者に「船荷証券」の譲渡を行う。

《輸入通関の流れ》

①フォワダーが相手国で船卸しを行い、「商品(貨物)」を「保税地域」に移動する。
②フォワダーが「輸入申告書」を作成し、相手国の税関に輸入申告を行う。
「税関が内容を審査(※9)」し、法的な規制がある場合は「食品検査局」が証明書などの確認を行う。問題なければ輸入者が関税や消費税の納付を行う。
④輸出許可書が交付され、フォワダーが貨物を引き取り、輸出者の元に搬送する。


用語集

 

「保税地域」
《国内の商品を守るため、国外からやってくる商品には関税が係ります。 その関税の徴収が保留されている状態を”保税”と言い、国外から運ばれてきた商品は湾港や空港の近くに設けられている「保税地域」の「保税倉庫」に保管されます。

「保税倉庫」にある商品は、輸入者によって「通関手続き(税金支払い)」が行われるまでは外国貨物として扱われ、法令等に応じた検査が行われます。

尚、保税地域は海外からやってきた商品を保管し検査される場所であると共に、国内の商品を海外へ輸出するために商品を保管し、検査される場所でもあります。 輸出者は輸出申告を行う間、保税地域に商品を一時的に保管し、場合によっては商品を検査されます。》

「税関検査」
《税関検査とは、申告内容と貨物との同一性を現品によって確認する行為を指します(麻薬や武器等を含む)。コンテナまるごと検査を行う「大型X線検査」が主流となっており、 コンテナから商品を取り出すことなく十数分で検査は終わります。検査に問題があった場合は対象物を取り出し、別途検査が行われます。》

「インボイス(I/V)」
《「インボイス(Invoice)」とは「仕入書」を意味し、国内から海外へ荷物を送付する際に必要となる書類となります。「このような商品を他国に送ります」と税関に申告を行う目的で使用され、 発送元や発送先の情報、商品の数量や金額、取引条件、出荷地や到着先などを記載し、インボイスを見れば輸出の内容が一目で分かるようになっています。

インボイスは輸出側が作成し、税関以外にも前以て輸入側に送っておく必要があります。このインボイスを元に輸入側は支払いを行い、関税等の税金を納付することで荷物を受け取れる仕組みになっています。

輸出を行う際には必ず必要となる書類ですが、インボイスのフォーマットや書き方についてはインターネット上で簡単に見つけることが出来ます。 また、インボイスには「プロフォーマ・インボイス(見積書)」や「シッピング・インボイス(納品書)」等がありますが、輸出時に使用するもの「コマーシャル・インボイス(請求書)」と言われるものです。 通常、インボイスと言われたら「コマーシャル・インボイス」を指しますので、その点はご注意下さい。》

「パッキングリスト」
《「パッキングリスト(Packing List)」とは、日本語では梱包明細書という意味になります。商品をどのように梱包しているのか、梱包箱の数、重量やサイズなどが記載され、 港や倉庫で梱包や仕分け作業をする人間が貨物の数量を確認する時に参照しています。

「インボイス」の記載事項と「パッキングリスト」の記載事項が重複しており、様式についても決まった形式がないことから、「インボイス・パッキングリスト」のように二つの書類を一つにする例もあります。

フォーマットや記載事項については、「インボイス」と同様にインターネットで検索することで簡単に見つけることが出来ます。》

「産地証明書」
《「産地証明書」と酷似したものに、「原産地証明書」と呼ばれるものがあります。どちらも通関時に使用する機会があることから、混乱が起こり易いのですが、 二つは別物です。「産地証明書」は都道府県単位までの産地を保証する、農政局などが発行する公文書となります。「原産地証明書」は国籍を保証する、商工会議所が発行する私文書となります。

「産地証明書」は放射能輸入規制が実施されている国に対し、食品が規制された産地で生産されたものでないことを証明する書類となります。「原産地証明書」は放射能輸入規制には関係なく、 特恵税率や経済連携協定(EPA)税率等を適用する際に必要な書類となっています。》

「放射性物質検査証明書」
《放射性物質検査証明書は、農林水産省が指定した検査機関が検査・発行した報告書を元に、食品中の放射性物質の濃度が規制を下回っていることを国が保証する、農政局が発行する公文書となります。 放射性物質の検査はどの機関で行っても良いという訳ではなく、農林水産省が指定した検査機関で実施する必要があります。

「輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関について【農林水産省】」

また、農政局が独自に放射性物質の検査をすることもなく、指定機関が行った検査報告書に基づいた報告書を、国の保証として証明書として発行するという形を取っています。》

「船積み依頼書(S/I)」
《「船積み依頼書(Shipping Instruction:SI)」は、「インボイス」「パッキングリスト」と共に輸出者が作成するもので、船会社に船積みを依頼するための書類となります。 この依頼書を元に「船荷証券」が作成されます。船積み依頼書は船会社に提出することから、フォワダーが代理で作成してくれることもあります。》

「フォワダー(貨物利用運送業者)」
《本来としては「仲介者」を意味し、国外での商品販売を希望する企業と現地の販売会社を仲介する事業者を指します。フォワダーは自ら運送手段を持たず、 荷主(輸出者)と運送会社の間に入り、輸出関連の諸業務を担当しています。

日本には貿易関係の細かい法律があり、湾港運送事業法の免許がなければ湾港内での運送が行えず、陸から船に貨物を運んだり、船から陸に貨物を下すことが出来ません。 これが行える業者を「海貨業者(海運貨物取扱業者)」と呼びますが、フォワダーは海貨業者を兼ねていることが殆どです。

また、通関業法で通関業が規定され、税関への輸出申告は通関業の資格を持った業者しか行うことが出来ませんが、「海貨業者」と同様に、フォワダーは通関業者も兼ねています。

このようにフォワダーは、海貨業と通関業を兼ね備え、一つの企業でワンストップで様々な物流手段を組み合わせて貨物を特定の国に輸送する大きな業者となります。

尚、フォワダーは国際的な展開をしているのが一般的で、「輸出通関」から「輸入通関」まで一貫して業務を行うこともありますが、輸出通関のみ、輸入通関のみと依頼者と取引者の要望に応じ、 国内国外と分けて使用することも可能です。》

「税関が内容を審査」
《税関と聞くと、税関のみが主として審査を行っているような印象を持ちますが、実際には「税関」と「食品検査局」の二つの機関により審査が行われています。

「税関」では申告税番の管理と登記が行われ、関税や増値税も税関が管理監督を行っています。一方、「食品検査局」では商品の品質面のチェックを行っています。

通関に際しては、申告する税番を「税関」が確定した段階で「食品検査局」における審査が始まります。このように税関での審査は二重構造となっており、 放射能関連の規制では「食品検査局」の審査をクリアしなければ作業は完了しません。》

中国や韓国への抹茶や茶葉に係る輸出案内や輸入通通関案内はコチラから

All Right Reserved 八進