日本産の化粧品を中国や韓国、台湾へ輸出し、輸入通関させるお手伝いをさせて頂きます。

化粧品を中国へ輸出する方法


日本産の化粧品を中国へ輸出し輸入通関させます。

中国は現在、食品の放射能輸入規制を行っておりますが、日本産の化粧品については輸入規制を実施していません。しかし、中国の「国家食品薬品監督管理総局(CFDA)」は平成25年12月に、 「輸入化粧品の販売証明書類を厳格に規範化する要求に関する書簡」を発表し、輸入化粧品が原産国で市販されているかについて厳重に審査する旨を発表しました。

また、国内向けに流通している製品をそのままの形態で輸出する場合は問題ありませんが、国内向けに流通していない商品や、その一部を変更する場合には別途手続きが必要となります。 そして中国側の輸入業者は、対外貿易経営権を所持する他、CFDAに「輸入化粧品行政許可申請」を行い、輸入化粧品生産企業として認定を受ける必要があります。

このように、日本の化粧品を輸出する場合、輸出者である日本側の法人ではなく、受け入れ側である現地業者の手続きが問題となります。つまり、許可を得ていない現地業者では難しく、 既に許可を得ている現地業者を選定し、交流を持つ必要があります。

日本の化粧品は国外からの評価も高く、国内市場が競争過多になっていることから低価格で、関税が掛かった輸入品でも国外のドラッグストアで多く流通しています。

化粧品の輸出には放射能検査や産地証明は必要となりませんが、新規で化粧品を中国に卸す為には、前述したように既に日本の化粧品を輸入する許可を受けている現地法人との付き合いが不可欠となります。

弊社は提携通関業者を通じて、新規の化粧品輸出案件にも対応させて頂きます。日本産化粧品の中国輸出をお考えなら、八進トランスにお任せ下さい。

化粧品を韓国へ輸出する方法


韓国へ化粧品を輸出し輸入通関させるお手伝いをします。

韓国は現在、食品の放射能輸入規制を行っておりますが、日本産の化粧品については輸入規制を行っていません。

よって、韓国へ化粧品を輸出する側の問題はありませんが、輸入する側は貿易業登録のほか、製造販売事業登録の手続きを行う必要があります。 それに加えて、化粧品の種類によっては品目ごとに食品医薬品安全処(KFDA)の審査を事前に受けることが求められます。

韓国は韓国国内の化粧品の市場が強く、世界市場にも韓国化粧品は安価なものとして売り込んでいますが、日本の化粧品は安価さに加えて高品質でもあり、韓国でも愛好者が多くいます。

しかし、前述したように輸出側は良くても輸入側の手続きが問題となります。許可を受けていない業者ですと、輸入申告時の検査で手続きがストップしてしまう等の事例が多々あります。 以上のことから化粧品を輸出する際には既に許可を受けている業者を選定し、許可を受けていることの確認が求められます。

八進トランスでは、韓国向け化粧品輸出に際し、提携通過業者と協力し、日本産の化粧品を韓国で流通させるお手伝いをさせて頂きます。韓国向けの化粧品輸出でお困りの際は、お気軽にご連絡下さい。

化粧品を台湾へ輸出する方法


国際的に人気な日本産化粧品を台湾へ輸出。輸入通関させて市場に流通させます。

台湾は現在、食品の放射能輸入規制を行っておりますが、日本産の化粧品については輸入規制を行っていません。

よって、台湾へ化粧品を輸出する側の問題はありませんが、輸入する側が予め輸入許可を取得する必要があります。台湾では化粧品は「一般化粧品」「薬用化粧品」に分かれており、 輸入化粧品は含有成分等の区別により、検査申請が3種類に分かれています。

「一般化粧品」は輸入する段階では成分チェックを受けるだけな為、輸入時の難易度は低いといえます。しかし、販売するとなると商品自体ではなく、その化粧品の広告表現を所轄官庁に提出し、 「粧広字号」という広告審査を受ける必要があります。

そして「薬用化粧品」に分類される場合は台湾の法律により「薬字号」という申請を通過することが求められ、その申請通過に長い場合ですと半年ほどかかります。一般化粧品に比べ、 薬用化粧品に分類されるものは特にハードルが高くなります。

このように、台湾へ日本産の化粧品を輸出するこち自体は難しくないのですが、販売を行う際に各種の審査が実施されます。新規に化粧品販売を始めようという台湾事業者の場合、 薬用化粧品の申請にかなりの期間を要してしまい、輸出計画自体を見直す必要に迫られるなどの事例もあります。

台湾へ日本産の化粧品を輸出するには、既に許可を得て販売を行っている事業者と連携を図ることが重要です。八進トランスでは、日本産の化粧品を台湾に輸出し、販売を希望する事業者様に向け、 提携通関業者と連携して協力させて頂きます。

化粧品の台湾輸出をお考えの方は、まずは弊社にお問合せ下さい。

その他の商品を国外に輸出


放射能輸入規制された日本産の商品を諸外国へ輸出・輸入通関させ市場に流通させます。

日本産の商品は国際的に見ても高品質で、国際評価の高いものが多いです。しかし、福島原発事故以降、諸外国は内容が複雑な放射能輸入規制を実施し、 日本産商品の輸出に戸惑っている方も多いかと思います。

八進トランスは、ISO/IEC17025:2005の認定機関として、WTO-TBT協定に基づきWTO加盟国で効力を発揮する放射性物質検査報告書の発行が行えるだけでなく、 農政局と連携して産地証明書の代行取得を行うことが出来ます。

また、提携通関業者と連携することで、輸出初心者の方でもアジア圏の輸出を強固にサポートさせて頂きます。放射能輸入規制の問題で輸出に問題を抱えている、輸出が初めてでどうして良いか分からない、 そんな方は八進トランスまでお問合せ下さい。

化粧品や水産品、農産物や林産物など、輸入規制でお困りの商品の輸出、輸入通関は八進トランスにお任せ下さい。

All Right Reserved 八進