中国輸出・輸入通関時に日本産の茶葉や抹茶を通関させるお手伝いをします。

ヘルスケア用品を中国から輸入


中国で製造されたヘルスケア用品の輸入を行う場合、それが化粧品か医薬部外品、雑貨(雑品)の何れかに該当するかを判断することが必要となります。化粧品、医薬部外品、雑貨(雑品)の違いについては、コチラのページを参照下さい。

化粧品、 医薬部外品、雑貨(雑品)の違いを判明させた後は、それに応じた計画を策定させる必要があります。化粧品、医薬部外品の場合は相手国の輸出通関時をクリアしても、日本での輸入通関時に問題になることがあります。

輸入した化粧品や医薬部外品を扱う際には、事前に薬事法に則った登録が必要となりますので、ご注意下さい。この許可が下りていない場合、日本で輸入通関を果たすことが出来なくなります。

顔や体に使用しない雑貨(雑品)であれば、通常の輸入プロセスに則った仕入れが可能です。相手国で輸出通関させた後は、自国で問題なく輸入通関させることが出来ます。

以上のように、ヘルスケア用品を輸入させる場合、化粧品か薬用化粧品(医薬部外品)か、雑貨かで大きく方法が異なります。 ヘルスケア用品の輸入でお困りの場合は、相手国からの引き取りから輸出通関、自国での輸入通関に倉庫配送まで一括して対応出来ます。

中国産のヘルスケア用品の輸入をご検討中の方は、お気軽に八進トランスまでお問合せ下さい。

乳児用品を中国から輸入


中国で製造された乳児用品を日本に輸入する際には、品目ごとによって必要な手続きが異なりますが、医薬部外品を除き、特筆すべき法的な規制はありません。しかし、ベビーカーは乳幼児が使用することから、高い安全性が求められる商品です。

特に製造物責任法(PL法)では、輸入品について輸入者が損害を賠償する責任があると定めているので、輸入販売者は危害発生防止の警告表示や注意表示などの作成や、PL保険への加入などの対策が求められます。

洗剤を中国から輸入


中国で製造された洗剤を日本に輸入する場合、化学製品の成分表が記載されたSDS(安全データシート)を輸入者に用意して貰う必要があります。このSDSは化学製品を使用した洗剤を製造しているメーカーが作成するものなので、現地国側の輸出者が原則としてメーカーから取得するものなります。

このSDSが無い場合、日本国内への輸入、並びに販売が困難となります。よって、まずは輸入者がSDSの取得が行えるかどうかの確認を取る必要があります。

もしSDSの作成が行われていない場合、輸入者がメーカーに製品情報の開示を申し出て、その情報に基づいて別途SDSの作成を行う必要があります。

以上から、中国で製造された洗剤の輸出入にはSDSが不可欠であり、メーカーと意思疎通を図りSDSが用意出来るか否かを輸出計画の策定段階から確認しておくことが重要になります。

ペット用品を中国から輸入


中国産のペットの身の回りの用品、首輪やリード、ペット皿、ペットハウス等のものは雑貨(雑品)として、通常の輸出プロセスに則って輸入が可能です。ペットの洗浄を目的としたペット用石鹸やシャンプーの場合は、医薬部外品の扱いとなります。医薬部外品の輸入プロセスについてはコチラをご覧ください。

そして、原料に牛や豚、鳥等の指定検疫物を使用している場合、輸入を行う際に「家畜伝染予防法(動物検疫)」に基づき手続きが必要となり、それと同時に輸出国の政府が発行した「衛生証明書」が必要となります。また、ペットフードを国内で販売する場合には、ペットフード安全法に基づく届出が必要となります。

首輪やリードなどのペットの身の回り用品から、ペットの洗浄を目的とした石鹸やシャンプー、指定検疫物を使用したペットフードの輸入を中国からお考えの際には、お気軽に八進トランスまでお問合せ下さい。

その他日用雑貨品を中国から輸入


人の顔や体に使用する商品である医薬部外品でなければ、身の回りの物の殆どは雑貨(雑品)に該当します。雑貨・雑品であれば、中国から日本に輸入するのに特別な手続きは必要なく、一般的な輸入プロセスに則って輸入が可能です。

抹茶や茶葉などの中国輸出、輸入通関でお困りなら八進トランスまでご連絡下さい。

All Right Reserved 八進